時代が求める
コミュニケーションツールへ。

撮りたいシーンがある。見せたい表現がある。こだわりのスタイルがある。
でも、それらすべてを叶えてくれるツールはなかった。

欲しかったのは、過酷なシチュエーションをものともしないタフネス性能。
記念や記録のためだけではない、クリエイティブな映像表現。
スマートフォンで操作する、ライフスタイルにマッチした撮影スタイル。
そして、持ち歩きたくなるクールなデザイン。

楽しさ全開、自分らしさ全開。コミュニケーションツールはさらなるステージへ。
COOL STREET GEAR 「G'z EYE」誕生。