撮るときも、持ち歩くときも。タフでクールに。

COOL

撮るときも、持ち歩くときも。
タフでクールに。

ストリートやエクストリームシーンと調和するデザイン。
スマートフォン時代のライフスタイルにフィットした使用スタイル。
極限に挑むタフネススピリットを身に纏い、
ビジュアルコミュニケーションをクールにこなす。
撮る、持つ、身につける。
そのひとつひとつが自己表現になる。

目指したのは、
唯一無二のハードツール。
強さと使いやすさを追求したタフネスデザイン。

「Ultimate Tough」をコンセプトに、独自の世界観を構築。
ハードな使用に応える堅牢性、ツールとしての実用性を備えながら、
ストリートやエクストリームシーンに映えるクールなスタイルを実現。

  • フォルムデザイン

    手のひらに馴染むサイズ感を追求したフォルム、自立可能かつ上下がわかるデザインを採用。凹凸のあるバンパー形状は、レンズ、ボタンをガードするだけでなく、グリップポジションを固定するガイドとしても機能する。

  • ボタンレイアウト

    過酷な状況において決定的瞬間を確実に記録するため、ノールックでも操作できるよう各ボタンを大型化し適正位置にレイアウト。なかでも重要なムービーボタンは中央に配置し、アクセントカラーにレッドを採用。

  • バックデザイン

    背面にもこだわり、ステンレス製のパネルを採用。360度どこから見ても隙のない、質の高いプロダクトを追求。

  • LEDインジケーター

    ボディフロントにLEDインジケーターを装備。電源や無線接続などの動作状況を鮮やかなライトで知らせる。

  • ディテールデザイン

    ボタントップにローレット加工を施すとともに、本体や裏蓋の側面などにスリットを刻みグリップ性を向上。

  • ※画像例その他の写真類は効果や機能を説明するためのイメージです。